健康まめ知識
健康まめ知識
更年期をむかえる女性方へ

『取り組む姿勢』
 更年期とは、閉経(日本では50〜51歳)前後、おおむね10年程度の期間を指しています。現在第一次ベビーブームに誕生した女性がちょうどこの年齢をむかえる為、更年期障害で悩まれる方が増えております。なかなか周りの家族に分かってもらえず一人で悩んでいる方がおられる事でしょう。
 しかし、女性にとって更年期を過ぎると『その後は心身ともに調和の取れた安定した中高年期になるのだ』と前向きにとらえて、更年期障害を我慢するのではなく、積極的に障害を乗り越えていく姿勢が必要です。

『症状はさまざま』
 更年期になると、卵巣の機能が徐々に低下して行きます。その結果、様々な精神、身体的症状が出現します。これを『更年期障害』といいます。
 先ず、月経が不規則になります。そして閉経となります。通常、一年間月経が無いと閉経と考えられます。この前後に、生活上不都合で様々な精神身体症状が表れます。いわゆる更年期障害です。
しかし、この症状は個人差が大きく症状も様々です。

・自律神経失調症状
  顔のほてり(ホットフラッシュ)
  発汗異常(多くは発汗量の増大)
  動悸、めまい等
・精神神経症状
  イライラ、不安、不眠、頭痛、憂うつ、孤独感等
・知覚運動症状
  手足のしびれ、肩こり、腰痛等

 症状は多彩でいわゆる『不定愁訴』といわれるもので、他人の理解を得られず悩む事になります。

『検査で確認を』
 その解消のためには今の自分の症状が、更年期障害によるものかどうかをしっかり確かめる事が必要です。
その方法として、先ずホルモン検査を受けてはいかがでしょうか。
血液検査で卵胞刺激ホルモン(FSH)と卵胞ホルモン(E2:エストロゲン)を通常測定します。この検査により、今の症状が更年期と関連したものか、あるいは更年期のどのあたりにあるのかを推定できます。
また、精神神経症状の検査として、アンケート方式のいくつかの自己採点方式も目安になります。

『積極的に治療を』
 ホルモン検査などで、明らかな更年期障害と判断された場合、症状が強い方は是非、積極的に治療を試みる事をお勧めします。先ず、ホルモン補充療法(HRT)があります。
薬物療法ですが、いくつかの方法があります。開始するにあたってはメリットとデメリットがありますから婦人科の医師と充分相談の上で開始する必要があります。
精神神経症状に対しては向精神薬が有用な場合があります。また、比較的軽い症状の方には漢方療法という方法もあります。

『若々しく中高年を』
 更年期以降の問題として、動脈硬化や骨粗しょう症があります。この予防、進展防止のためにも更年期対策は重要です。更年期以降の約30年を若々しく、快適に過ごすためには、更年期を上手に乗り越える事が第一です。

当診療所での更年期障害のご相談は下記の専門外来(予約制)を御利用下さい。
婦人科外来:月曜(AM、PM)、木曜(AM、PM)
漢方外来 :水曜(AM)、金曜(PM)

多摩海上ビル診療所 院長 飯島 敏彦

最新の健康まめ知識へ